六本松店 ルームアドバイザー山口 成彰

なぜトーマスリビンクに入社しようと思いましたか?

専門学校在学中、不動産会社を中心に就職活動をしていた時にトーマスリビングの新卒採用向け会社説明会に参加したのがきっかけです。地元福岡で短期間に成長していることにはもともと興味を持っていたのですが、設立から今日に至るまでの話、今後のビジョン、そして、説明会でのスタッフの方の熱意、説明会に参加していたスタッフ同士がとても仲が良さそうで、絶対にこの会社に入社したいと思いました。
そして、トーマスリビングの新卒第一期生として入社することができました。

実際に入社して感じていることは?

説明会で感じたことは、入社してもやはり変わりませんでした。
もちろん、学生と社会人との責任の重さの違いや、お客様にプロとして提案・アドバイスをさせて頂く事には、かなり苦労しました。
私は、トーマスリビングに内定した後に、宅地建物取引士の資格も取得いたしましたので、先述したプロとしての立ち振る舞いに加え、国家資格者としての責任の重さを感じながら、日々業務に取り組んでおります。

今、どのような仕事をしてますか?

とにかく今は、ほとんどが年上のお客様にプロとして信頼してもらうために、インターネットの物件情報だけでは得にくい情報を少しでも提供できるよう、日々情報収集に努めています。
また、いつも自分がお客様だったら・・・という視点を持って、物件の良いところ・悪いところを正確にお伝えし、お客様と一緒に悩みながら仕事を楽しんでおります。

今後の目標は?

まずは、新卒第1号、そして最年少の店長になることが目標です。
そのために、社内で活躍している上司やスタッフと積極的に関わりを持つようにし、マネジメントの基礎を習得するよう努めています。将来的には、これからますます加速する高齢化社会に対し、不動産を通して関われるような部署を立ち上げ、責任者として運営したいです。