空室対策コンサル事業部 久保真也

なぜトーマスリビンクに入社しようと思いましたか?

リノベーションというものに興味があり、個人的にリノベーション施工会社の社長様等とコミュニケーションを取らせて頂いたり、実際に自分が住むためのリノベーション用物件を探したりしているうちに、これを仕事にしたいと感じるようになりました。
いろんな企業にアプローチをしましたが、トーマスリビングのリノベーション事業の実績とこれからの戦略、そして少数精鋭で今から一緒に作り上げていく部署だということにとても魅力とやりがいを感じ、入社いたしました。
「私たちのゴールは、リノベーションを完成させる事でなく、オーナー様がお困りの空室を満室に変えることです」という言葉に強く惹かれたのがきっかけです。

実際に入社して感じていることは?

代表や当部署の責任者をはじめ、スタッフの平均年齢が若く、会社全体が非常に柔軟な考えや発想を持っていると強く感じています。
「良いと思うことは、とりあえずチャレンジしてみる」そういう風土があるので、ベテランも新人も関係なく、どんどん意見やアイデアを出し、それを実際に取り組む際には、信頼して任せてもらえることが非常に嬉しいです。

今、どのような仕事をしてますか?

空室でお困りのオーナー様はもちろん、通常であれば競合会社となる管理会社様にも赴き、関係性を維持しつつお互いにメリットのあるような提案を行なっています。
また、新規に中古物件のオーダーメイドリノベーション事業を開始致しましたので、賃貸だけでなく、売買取引についての知識も習得しています。

今後の目標は?

オリンピック等の影響から建設業界が活況で、建築費が高騰している状況を考えると、これからは「建てる」から「再生する・活かす」という考え方がますます加速していくと思います。
その流れに乗り遅れないように、賃貸、売買をはじめ、不動産のことを総合的に学び、それを活かしていろいろな角度からリノベーションに繋げていき、少しでも安価で満足頂ける住居の提供を追及していきたいです。